とちぎSDGs その2

エルライズ株式会社では「とちぎSDGs」に参画し、サスティナブルな社会を作るため日々業務に取り組んでいます。毎月1回、弊社が取り組んでいるSDGsの取り組みについてブログでお話します。

オンラインメモ帳のススメ

オンラインの共有はファイルだけ?

多くの会社では、書面などのファイルはクラウドで保存しているところが多いのではないでしょうか。そうすることで、重要な書類のバックアップを取れるのみならず、ファイルを必要としている社員同士ですぐにシェアができることでしょう。
しかし、ファイル以外でもメモをシェアすると、仕事がよりスムーズになるのをご存知でしょうか?
今月は弊社が取り組んでいる、メモ帳のオンライン共有についてご紹介します。

メモ帳をオンラインで共有しよう

普段の業務において、皆さんは先輩から教わったノウハウや議事録は何に記録をしていますか?多くの方は、紙にペンで書いていることでしょう。また、仕事のアイデアが浮かんだらそこに書いておくと、働き方がより良くなると思うとワクワクしますよね。

しかし、これらをオンラインで作ればすぐに共有することができるので、業務の効率化につながります。加えて、紙を使わなくて済むので、環境の保護にも役立ちます。オンラインメモ帳は、経済の成長と環境を守る役割を果たす、まさにいいとこ取りのシステムなのです。

オンラインメモ帳のメリット

オンラインメモ帳では、文字の色や太さをクリック一つで変えられるものが多いので、強調したいところをすぐにわかりやすく飾ることができます。紙のメモだと色や文字の太さを変えるにはペンを数種類用意しなければなりませんが、オンラインメモ帳だと必要なものはパソコン一台と社内システムだけです。また、消したい部分は取り消し線を引くことができるので、メモ帳を汚すことなくアイデアを思いついたまま自由自在に記入することができます。

記入したキーワードは検索することができるので、調べたい内容をすぐに参照できるのも大きな魅力です。紙だとどこに何が書いてあるか探すのが大変なので、忙しい時には助かりますよね。

さらに、フォーマットを事前に作れるので、書類におこすよりも簡単に報告書や議事録を作れるのも、業務の効率をあげるのに大きく貢献をすることができます。

弊社での使用例

エルライズ株式会社では社員全員にオンラインメモ帳が与えられ、各自必要事項をそこに記入しています。記入した内容は社内で共有できるため、社外研修で習ったことや社内で話し合いたい内容の議事録を作成し、内容をリアルタイムで把握しています。
さらに、システムにログインすればいつでも見られるため、見たい時に確認して各々の業務に反映できることがメリットです。

いかがだったでしょうか。次回のSDGsへの取り組みは来年1月にご紹介します。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA